makeprogress.gaはリファラスパム!最近のリファラスパムと同じ手口

makeprogress.gaはリファラスパム!

こんばんは、B-K(@analyzesiraberu)です。

またまた、新しいリファラスパムの”makeprogress.ga”が複数のGoogleアナリティクス上の参照(リファラ)に記録されました。

運営している複数サイトのGoogleアナリティクスに記録され、また、リファラスパムを見つけるためにアカウント作成してプロパティのみ作成してあるビューにも記録されているのでリファラスパムなのは確定です。

ホスト名等でリファラスパム対策してあるビューにも記録されているので、個別にフィルタ除外設定する必要があります。

参考記事 Googleアナリティクスで98%以上のスパム記録を除外する方法!

そんな複数サイトのGoogleアナリティクスの参照(リファラ)に足跡を残しているmakeprogress.ga”というリファラスパムについて調べた内容とフィルタ除外設定方法です。

スポンサーリンク

makeprogress.gaからのアクセス記録

makeprogress.gaはリファラスパム

2016年4月11日に運営している複数のサイトのGoogleアナリティクス上の参照(リファラ)に記録されました。

また、リファラスパムを見つけるための存在しないサイトのGoogleアナリティクスの参照(リファラ)にも記録されていたのでリファラスパムである事は確定です。(GoogleアナリティクスのトラッキングIDを悪用してアクセスしたように記録しているだけ)

どのサイト上のセッションは1や2程度と少ないですが、今後どれ位続いてリファラスパムを行ってくるのかわからないです。

アクセスしてくる国

makeprogress.gaがアクセスしてくる国

この”makeprogress.ga”がアクセスしてくる国は、”アメリカ”と”イギリス”となっています。

実際にサイトへアクセスしてきているわけでは無いですが。

その他の記録されている情報

Googleアナリティクス上でmakeprogress.gaが記録している他の情報です。

  • 言語:en
  • OS:Linux
  • ブラウザ:Firefox
  • ホスト名:様々なホスト名が記録されています。
    例 www.sibvykclcwvn.co.ukwww.wlmhwbc.brwww.kmzcl.brwww.tvqmu.cnなど他にも多数
  • ランディングページ:トップページ
  • ネットワークドメイン:voxility.com、(not set)

となっています。

このmakeprogress.gaがアクセスしてくるトップページは、ページタイトルが”not set”状態で記録されます。

その他の情報の構成は、最近のリファラスパムが記録してきている状態ととても似ています。

[sankoukizi] getrichquickly.infoはリファラスパム!以前のリファラスパムと同じ手口!

[sankoukizi] getrichquick.mlはリファラスパム!ブラックリスト入りしているので注意!

makeprogress.gaをaguse.jpで調べてみた結果

makeprogress.gaをaguse.jpで調べてみた結果

直接、Googleアナリティクス上に記録されているリファラのリンクをクリックして、makeprogress.gaへアクセスするのは危険なので、aguse.jpを使って調べてみました。

画面上には、外部へリダイレクトされていますの文字は表示されていません。

実際に表示されるサイトのタイトル部分を見ると、”Make progress in your life”と表示されています。

makeprogress.gaのスクリーンショット

makeprogress.gaのスクリーンショット

もし、Googleアナリティクスの参照(リファラ)から”makeprogress.ga”へアクセスしてしまった場合には、このような画面が表示されているでしょう。

Googleアナリティクスのアクセス記録上のページタイトルが(not set)表示になったりするので、フィルタによる除外設定を行います。

makeprogress.gaをフィルタ除外設定方法

makeprogress.gaをフィルタ除外設定する方法

参照ドメインによるフィルタで除外する設定を行います。

Googleアナリティクスのフィルタを使ってmakeprogress.gaのアクセス記録をビューから除外します。

  1. Googleアナリティクス上のビュー内のフィルタをクリックします。
  2. 新しいフィルタを作成を選択します。
  3. フィルタ名を記入します。(自分でわかりやすいフィルタ名でいいです。)
  4. フィルタの種類でカスタムをクリックします。
  5. 除外を選択状態にして(デフォルトのまま)、フィルタフィールドに参照を選択します。
  6. フィルタパターンに”makeprogress.ga”を記入します。
  7. 保存をクリックして完了です。

※フィルタ除外設定を行ってから、リファラスパムのアクセスが記録されなくなります。今現在のリファラスパムのアクセス記録は残ってしまうので注意しましょう。(設定当日分のリファラスパムのアクセス記録は除外される事が多いです。)

また、リファラスパムのフィルタ除外をする場合にはビューを複数作成しておいた方がいいです。

参考記事 Googleアナリティクスでビューを複数作成する

まとめ

Googleアナリティクスの参照(リファラ)に”makeprogress.ga”が記録されましたが、リファラスパムを見つけるアカウントのビューにも記録されたのでリファラスパムなのは確定です。

最近のリファラスパムと同じような情報が記録されて、ネットワークドメインがvoxility.comや(not set)になっているのが特徴のリファラスパムです。

このネットワークドメインの場合除外するフィルタ設定方法も考えられますが、取り敢えず今回は参照ドメインを指定して除外する設定方法で対処してみました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする