シェアする

getrichquick.mlはリファラスパム!ブラックリスト入りしているので注意!

getrichquick.mlはリファラスパム!

こんにちは、B-K(@analyzesiraberu)です。

また、新しいリファラスパムの”getrichquick.ml”がGoogleアナリティクスに記録されました。

運営している複数サイトのGoogleアナリティクスに記録され、また、リファラスパムを見つけるためにアカウント作成してプロパティのみ作成してあるビューにも記録されているのでリファラスパムなのは確定です。

ホスト名等でリファラスパム対策してある場合にも記録されているので、個別にフィルタ設定する必要があります。

参考記事 Googleアナリティクスで98%以上のスパム記録を除外する方法!

そんな複数サイトのGoogleアナリティクスに足跡を残しているgetrichquick.ml”というリファラスパムを調べた内容とフィルタ除外設定方法です。

スポンサーリンク

getrichquick.mlからのアクセス記録

getrichquick.mlはリファラスパム!

2016年4月1日に他に運営している複数サイトのGoogleアナリティクスの参照(リファラ)に”getrichquick.ml”は記録されました。

また、リファラスパムを見つけるための存在しないサイトのGoogleアナリティクスの参照にも記録されていたのでリファラスパムである事は確定です。

どのサイトもセッション数は1だけですが、今後どれ位増えるのかはわかりません。

(2016/04/05追記)

似たようなドメインのリファラスパムも記録されているので、一緒にフィルタ除外等行った方がいいです。

[sankoukizi] getrichquickly.infoはリファラスパム!以前のリファラスパムと同じ手口!

アクセスしてくる国

getrichquick.mlがアクセスしてくる国

getrichquick.mlからアクセスしてくる国は、”イギリス”のみを記録しています。

他のサイト上でも今は”イギリス”からとなっています。

実際にWebサイトにアクセスしてきているわけではなく、Googleアナリティクスのトラッキングコードを悪用しているだけでしょうが。

他の記録されている情報

Googleアナリティクス上でgetrichquick.mlが記録している他の情報です。

  • 言語:en
  • OS:Linux
  • ブラウザ:Firefox
  • ホスト名:様々なホスト名が記録されています。
    例 www.zzehhip.cnwww.bzkiirmh.co.ukなど他にも多数
  • ランディングページ:トップページ
  • ネットワークドメイン:voxility.comのみ

となっています。

このgetrichquick.mlがアクセスしてくるトップページは、ページタイトルが”not set”状態で記録されます。

その他の情報の構成は、他のリファラスパムが記録してきている状態ととても似ています。

getrichquick.mlをaguse.jpで調べてみた結果

getrichquick.mlをaguse.jpで調べてみた結果

直接、Googleアナリティクス上に記録されているリファラのリンクをクリックして、getrichquick.mlへアクセスするのは危険なので、aguse.jpを使って調べてみました。

画面上には、外部へリダイレクトされていますの文字は表示されていません。

実際に表示されるサイトのタイトル部分を見ると、”Opportunity – make money from home work”と表示されています。

また、このサーバーのIPアドレスを見ると”46.41.144.46”となっています。

[sankoukizi] adtiger.tkはリファラスパム!ブラックリストにも入っているので注意!

前回記事にしたリファラスパムのサーバーと同一になっています。

そして、その他の情報の構成も一緒なので同一人物がこのリファラスパムを行ってきているのでしょう。

getrichquick.mlのスクリーンショット

getrichquick.mlのスクリーンショット

もし、Googleアナリティクスの参照(リファラ)から”getrichquick.ml”へアクセスしてしまった場合には、このような画面が表示されているでしょう。

getrichquick.mlのブラックリスト情報

getrichquick.mlのブラックリスト情報

aguse.jpの一番下に表示されているその他の情報にブラックリスト判定結果がありますが、3つのブラックリストで判定結果で”CAUTION”表示されています。

この点も、下記リファラスパムと同じです。

[sankoukizi] adtiger.tkはリファラスパム!ブラックリストにも入っているので注意!

Googleアナリティクスの精度を狂わされてしまうので、このgetrichquick.mlの参照記録をGoogleアナリティクスのフィルタを使って除外設定する方法です。

getrichquick.mlをフィルタ除外設定する方法

getrichquick.mlをフィルタ除外設定する方法

参照ドメインによるフィルタで除外する設定を行います。

Googleアナリティクスのフィルタを使ってgetrichquick.mlのアクセス記録をビューから除外します。

  1. Googleアナリティクス上のビュー内のフィルタをクリックします。
  2. 新しいフィルタを作成を選択します。
  3. フィルタ名を記入します。(自分でわかりやすいフィルタ名でいいです。)
  4. フィルタの種類でカスタムをクリックします。
  5. 除外を選択状態にして(デフォルトのまま)、フィルタフィールドに参照を選択します。
  6. フィルタパターンに”getrichquick.ml”を記入します。
  7. 保存をクリックして完了です。

※フィルタ除外設定を行ってから、リファラスパムのアクセスが記録されなくなります。今現在のリファラスパムのアクセス記録は残ってしまうので注意しましょう。(設定当日分のリファラスパムのアクセス記録は除外される事が多いです。)

また、リファラスパムのフィルタ除外をする場合にはビューを複数作成しておいた方がいいです。

参考記事 Googleアナリティクスでビューを複数作成する

まとめ

Googleアナリティクス上の参照記録にgetrichquick.mlというリファラスパムが記録されました。

aguse.jpで調べていくとサーバーのIPアドレスが、以前リファラスパムを行ってきた物と同一でした。

また、記録されている情報のホスト名がどれ一つ同じ物が無い、ネットワークドメイン名がほとんどvoxility.comとなっており、アクセスされたトップページのタイトルが”not set”状態として記録されている特徴も同じです。

[sankoukizi] adtiger.tkはリファラスパム!ブラックリストにも入っているので注意!

このリファラスパムを行ってくる同一人物が、今後さらにリファラスパムを行ってきそうな予感がします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. M より:

    こんにちは。

    いつもスパムの情報と対処法を
    載せて下さってありがとうございます。
    非常に助かっています。

    「getrichquick.ml」ですが、
    私のサイトにも同じ日に来ていました。

    United States(アメリカ)からで
    ホスト名が「www.vuhybo.org」でした。

    スパムは本当に困りますね。

    また、他のページも
    ゆっくり拝見させて頂きますね。

    • B-K より:

      >Mさんへ
      初めまして、B-Kです。
      コメントありがとうございます。

      少しでもお役に立てて、また、有り難いコメントも頂きありがとうございます。
      なるべく即座に対処方法などを記載していきたいと思います。
      これからも当サイトを宜しくお願いします。