Googleアナリティクスのコードをサイトに埋め込んでみよう!~WordPress編

Googleアナリティクストラッキングコード

今回は、Googleアナリティクスのトラッキングコードをあなたのワードプレスで作成したサイトに埋め込み方法を解説します。

もし、Googleアナリティクスの設定を行っていない方は下の記事を見て設定しておいて下さい。

アクセス解析の第一歩、無料で使えるGoogleアナリティクスの設定をしよう!

また、プラグインとして「All in One SEO」も使いますのでプラグインから新規追加でインストールしておいて下さい。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスにログイン

Googleアナリティクス管理画面

まずは、Googleアナリティクスにログインして上記画面を表示させて下さい。

画面が表示されたら、「アナリティクス設定」をクリックして下さい。

Googleアナリティクスのプロパティ

Googleアナリティクスプロパティ

上記の様な画面が表示されます。

赤い四角で囲われた「トラッキング情報」をクリックして下さい。

Googleアナリティクスのトラッキング情報

Googleアナリティクスのトラッキング情報

トラッキング情報をクリックすると、下に項目がスライドして上記画面が表示されます。

赤い四角で囲われた「トラッキングコード」をクリックして下さい。

トラッキングIDとトラッキングコードの画面

GoogleアナリティクスのトラッキングコードとトラッキングID

上記の画面が表示されます。

トラッキングIDのUA-XXXXXXXと書かれた部分をコピーして下さい。

これがあなたのGoogleアナリティクス上のトラッキングIDとなります。

WordPress管理画面を表示

WordPress管理画面

今回は、WordPressのSEOプラグインとして有名なAll in One SEOの機能を使ってGoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定します。

もし、まだこのプラグインをインストールしていない方はプラグインから新規追加で「All in One SEO」と検索してインストールして下さい。

上記画面の「All in One SEO」をクリックして下さい。

All in One SEOにトラッキングIDを設定

All in One SEOの設定

下の方にスクロールしていくとGoogle Settingsという設定する部分が出てきます。

上記画像のGoogleアナリティクスIDの部分に先程コピーしておいたあなたのトラッキングIDを貼り付けます。

All in One SEOの更新

All in One SEOの設定を更新

一番下までスライドさせると、上記画面が表示されます。

左下の設定を更新をクリックしてAll in One SEOの設定を更新しましょう。

これで、GoogleアナリティクスであなたのWordPressで作成したサイトに訪れた人の情報を解析出来る準備が整いました。

まとめ

WordPressで作成したサイトにGooglアナリティクスのトラッキングIDを埋め込む場合、All in One SEOプラグインをインストールしておけばかなり簡単に埋め込みが出来ます。

もし、All in One SEOを導入したくなければ、自分でヘッダータグが表示される部分にJavaScript用タグを埋め込まなければなりません。

どうせなら、簡単に導入できるAll in One SEOを入れてSEO対策とともにGoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定した方がいいでしょう。