ネットワークドメインを指定してリファラスパムを除外設定する方法!

ネットワークドメインを指定してリファラスパムを除外

こんにちは、B-K(@analyzesiraberu)です。

最近多いリファラスパムの手口は、アマゾンのサイトへリダイレクトさせてそのさいにアフィリエイトリンクを埋め込む手口です。

[sankoukizi] bestofferswalkmydogouteveryday.gqはリファラスパム!アマゾンへリダイレクトさせる

[sankoukizi] ranking2017.gaはリファラスパム!アマゾンにリダイレクトされる!

そして、それらを行ってきているリファラスパムの共通点は、ネットワークドメイン名が「voxility.com」となっている事です。

そもそも、このネットワークドメインが「voxility.com」からのアクセス自体を計測する必要がない場合、除外設定を行う事でグッと最近のリファラスパムの記録をGoogleアナリティクスから除外する事が出来るようになります。

そんな、Googleアナリティクスでネットワークドメインを指定してリファラスパムを除外設定する方法です。

スポンサーリンク

リファラスパムが多いネットワークドメイン名

リファラスパムが多いネットワークドメイン名

今年(2016年)1月から7月までに記録されたリファラスパムのネットワークドメイン名を表示させてみました。

上位から

  1. unknown unknown
  2. not set
  3. voxility.com

となっています。

1位のネットワークドメイン名が「unknown unknown」は、ホスト名がnot setの場合が非常に多いので、下記参考記事の方法で先に除外設定を行っておけばいいです。

[sankoukizi] Googleアナリティクスで98%以上のスパム記録を除外する方法!

今回は、特に最近リファラスパムが多い3番目(voxility.com)のネットワークドメイン名を指定してGoogleアナリティクスから除外設定を行います。

voxility.comを指定した場合に除外出来るリファラスパム

voxility.comをネットワークドメインに持つリファラスパム一覧です。

(2016/08/31 現在)

  • getrichquick.ml
  • adtiger.tk
  • kiwi237au.tk
  • luxmagazine.cf
  • getrichquickly.info
  • topquality.cf
  • bestchoice.cf
  • bestofferswalkmydogouteveryday.gq
  • burn-fat.ga
  • dominateforex.ml
  • easycommerce.cf
  • getlamborghini.ga
  • ncreasewwwtraffic.info
  • itrevolution.cf
  • magicdiet.gq
  • ownshop.cf
  • pokemongooo.ml
  • ranking2017.ga
  • smartphonediscount.info
  • doyouknowtheword-flummox.ml(7/28追記)
  • biketank.ga(7/29追記)
  • asacopaco.tk(7/31追記)
  • pogodnyyeavarii.gq(7/31追記)
  • californianews.cf(8/2追記)
  • fashionindeed.ml(8/4追記)
  • spin2016.cf(8/4追記)
  • turkeyreport.tk(8/8追記)
  • nyfinance.ml(8/9追記)
  • globalscam.ga(8/11追記)
  • bugof.gq(8/16追記)
  • ussearche.cf(8/17追記)
  • familyholiday.ml(8/18追記)
  • eyes-on-you.ga(8/23追記)
  • gq-catalog.gq(8/24追記)
  • homemade.gq(8/25追記)
  • pinkduck.ga(8/31追記)

となっていいます。

ネットワークドメイン名を指定したフィルタ除外設定方法

ネットワークドメイン名を指定したフィルタ除外設定方法

Googleアナリティクスのフィルタを使って指定したネットワークドメイン名からのアクセス記録を除外します。

今回は、リファラスパムが多い「voxility.com」を指定します。

  1. Googleアナリティクス上のビュー内のフィルタをクリックします。
  2. 新しいフィルタを作成を選択します。フィルタ名を記入します。(自分でわかりやすいフィルタ名でいいです。)
  3. フィルタの種類で定義済みをクリックします。
  4. 左側のフィルタの種類を選択で除外を選択状態にして、真ん中の参照元かリンク先を選択しますでISPドメインからのトラフィックを選択し、右側の式を選択しますで次を含むを選択します。
  5. ISPドメインにvoxility.comを記入します。
  6. 保存をクリックして完了です。

上記、ネットワークドメイン名を指定したフィルタ除外設定でvoxility.comからのリファラスパムのアクセス記録を除外出来ます。

※フィルタ除外設定を行ってから、リファラスパムのアクセスが記録されなくなります。今現在のリファラスパムのアクセス記録は残ってしまうので注意しましょう。(設定当日分のリファラスパムのアクセス記録は除外される事が多いです。)

また、リファラスパムのフィルタ除外をする場合にはビューを複数作成しておいた方がいいです。

参考記事 Googleアナリティクスでビューを複数作成する

まとめ

ここ最近多いリファラスパムで共通しているのが、voxility.comからのアクセス。

自分のサイトにこのvoxility.comからのアクセス記録が必要で無い場合には、ネットワークドメイン名に指定してフィルタ除外設定を行っておけば、結構な数のリファラスパムを未然に防ぐ事が出来るようになります。

最近このネットワークドメイン名からのリファラスパムが多いので、是非参考にしてフィルタ除外設定を行ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする