シェアする

Yahoo検索が暗号化され始めた現状のキーワード検索の記録はどうなった?

Yhoo検索が暗号化検索で検索キーワードに与える影響

こんにちは、B-Kです。

2015年8月18日から、Yahoo検索も暗号化通信(SSL通信)され始めていますが、現状皆さんのアクセス解析にどれ位影響を与えていますか?

自分のGoogleアナリティクス上では、まだそれ程影響が出ていまんが今後、アクセス解析上で検索キーワードが判らなくなる影響が強く出てくるのでしょう。

そこで、Yahoo検索が完全に暗号化通信になった場合に対処する方法を解説します。

スポンサーリンク

Yahoo検索の暗号化通信

いつも「Yahoo!検索」をご利用いただき、ありがとうございます。

この度「Yahoo!検索」では、より強力なセキュリティ基準を採用したサービスを提供するため、2015年8月18日より段階的に、検索結果にSSLと呼ばれる暗号化プロトコルを使用することにいたしましたので、お知らせいたします。

SSL化に伴い、ご利用のOSによっては、エラーメッセージが表示されるなど、検索結果が正常に閲覧できない可能性がございます。対応方法など、詳しくは以下ページをご確認ください。

Windows XPをご利用のお客様へ
http://docs.yahoo.co.jp/info/notice/sha1xp.html

なお、ウェブブラウザーに表示される検索結果のアドレスは
http://search.yahoo.co.jp/* から https://search.yahoo.co.jp/* に変わります。

引用:「Yahoo!検索」SSL化のお知らせ

このように、Yahoo検索は2015年8月18日より段階的に暗号化通信を行うとアナウンスしています。

ただし、現状記事投稿時点では、大きく暗号化通信(SSL通信)によって検索キーワードが取得出来なく影響は殆どみられません。

Yahoo!検索の暗号化通信の記録

Yahoo検索の暗号化による影響

Yahoo!検索の暗号化通信で訪れた場合には、「search.yahoo.co.jp/referral」で現状は記録されるみたいです。

※今後、Googleアナリティクス側がYahoo!検索の暗号化通信もリファラ側でなくオーガニック検索側にする可能性があります。

この数字を見てみると、72を記録しています。

検索キーワードがわかるYaooのオーガニック検索数は、40,914を記録しています。

40,914と72という事で、まだそこまで影響が強く出ていませんが、今後いつになるか判りませんがGoogle検索の完全暗号化通信と同じように検索キーワードが取得出来なくなるでしょう。

Yahoo!検索エンジンの暗号化通信に対する対処方法

もったいぶって書きましたが、結局はGoogle検索と同じ対処方法になります。

というよりも、PPC広告を出稿している方以外区別する理由がなくなってしまうのではないでしょうか。

[sankoukizi] Googleアナリティクスでnot providedが表示される原因と対策!

まとめ

2015年8月18日より段階的に導入されていくYahoo!検索エンジンの暗号化通信化。

検索者のプライバシーを保護する目的で導入されますが、それによりサイト運営者は具体的にどの検索キーワードで自分のサイトへ訪れてきたかを把握するのが難しくなります。

しかし、ある程度は推測する事が出来るので上手くGoogleサーチコンソールも活用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする