Googleアナリティクスのメモ機能を利用してアクセス解析の判断材料に使う

Googleアナリティクスのメモ機能

日頃からアクセス解析を行っている場合、いつ自分のサイトに変更を加えてそれがどうアクセス数に影響を与えてきたかなどの記録をしていると思います。

そのサイトに変更を加えた記録や突然アクセス数が増えた場合の記録などを別に記録しているとアクセス解析をする際、データと記録を照らし合わせたりと面倒になってきます。

そこで、日々のサイトへの記録やアクセス増減に影響を与えたサイトへの変更記録など、あなたがWEBサイトを運営する上で役立つ方法を紹介します。

特別なソフトが必要なのでは無く、Googleアナリティクスに組み込まれている機能の一つで、Googleアナリティクス上で出来るメモ作成の仕方です。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスのメモ機能

Googleアナリティクスのメモ機能通常、Googleアナリティクスにログイン後、アクセス解析画面を開いたら上記画面が表示されます。

以外にも知らない人も多いのですが、上記画面のタブになっている所をクリックしたら、メモ機能が開きます。

メモタブをクリック

Googleアナリティクスのメモ機能

メモタブをクリックすると、上記画像のような画面が表示されます。

ちなみに、メモを作成していなければもちろんメモの記録は表示されません。

上の画像を見ればわかるとおり、スター・日付・内容・マスク処理して見えませんが、編集した人のメールアドレスが表示されます。

私は、上記のような感じでとりあえず記録しています。

メモ機能のスター付き

メモ機能のスター付き

メモのタブをクリックして、メモの一覧が表示されたら一番左側に☆スターマークがあると思います。

このスターマークをクリックしたら、☆が★の色付きに変わります。

使い方は人それぞれだと思いますが、私は重要な内容などにはスターを色付きにしてメモしています。

スター付きにしたら、アクセス解析のグラフ上でもスター表示されて大事な事をこの日にしたと言う事がわかると思います。

また、その後にアクセス数がどう変化したかも分かりやすくなると思います。メモの表示自体も「スター付き」か「すべて」かを選択できるので是非スターを色々使ってメモした方がいいです。

メモの新規作成

Googleアナリティクスのメモ

上記画像の赤い四角で囲っている部分にある「+新しいメモを作成」をクリックして下さい。

クリックしたらメモを入力する画面が表示されます。

グーグルアナリティクスのメモ機能

上記画像のようなメモ入力画面が表示されます。

メモを付けたい日付を選択後、160文字以内でメモを入力出来ます。また、Googleアナリティクスのデータを共有して閲覧出来る状態に設定しているならば、公開設定で共有か非公開を設定します。

共有に設定したら、Googleアナリティクスのデータを共有している人にも表示できます。非公開に設定すれば、自分のみのメモとして記録出来ます。

まとめ

私は、Googleアナリティクスのメモ機能を利用して、サイトに変更を加えた日付や目的の検索流入数に到達した日、また、どのサイトにリンクを貼ってもらったかを記録してアクセスの変化などに利用しています。

アクセス解析のデータに照らし合わせてメモに書いた記録を見ると、自分の変更した内容などがアクセス増減にどう影響を与えたかが簡単に解ります。

日々の記録をGoogleアナリティクスのメモ機能に記録し、アクセス解析に役立てて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする