シェアする

Googleアナリティクスでサイト内検索数を調べる設定方法!

Googleアナリティクスでサイト内検索された数を見る

こんにちは、B-K(@analyzesiraberu)です。

Googleアナリティクス上の行動項目の中にサイト内検索という項目がありますが、Googleアナリティクスをデフォルトのまま使っていたら、このサイト内検索は機能しません。

もちろん、このサイト内検索された数を見る事が出来たら、自サイトに訪れたユーザーが何を探しているのかを把握する事が出来るようになります。

そこで、Googleアナリティクスのサイト内検索の項目を有効する為の設定方法です。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスのサイト内検索

Googleアナリティクスのサイト内検索

Googleアナリティクスのサイト内検索を有効化していない場合(デフォルト状態)、Googleアナリティクスのサイト内検索サマリーは上記画面のような状態だと思います。

実際には、Googleアナリティクスのページ部分で検索文字列を含むURLが記録されているのでそれを見たらいいのですが、いちいちページの部分で検索するのも面倒かもしれません。

Googleアナリティクスでワードプレスサイト内検索を調べる

ワードプレスサイトの場合、Googleアナリティクスのページの部分で”s=”と入力したら、自サイト内検索を行われた数がわかりますが、検索キーワードを拾い上げるのも大変です。

そこで、Googleアナリティクスのサイト内検索を有効化する必要がありますが、まずは、自サイトのサイト内検索を行った場合の検索クエリー文字が何になるかを調べておく必要があります。

自サイトの検索クエリーを調べる

自サイト内検索窓

当サイトの場合、赤囲みの部分にサイト内検索窓がありますが、試しにここに”Googleアナリティクス”と入力してサイト内検索をしてみます。

自サイトの検索クエリーパラメーターを調べる

ブラウザのURL欄に、”analyze.siraberu.info/?s=Googleアナリティクス&~”というURLが表示されます。

このURL中の”s=Googleアナリティクス”が自サイト内の検索文字列”になります。

そして、この検索文字列を表すクエリー文字が?の前の”s”となります。

※ワードプレスで構築されたサイトの場合です。自分のサイトの検索クエリー文字を調べたい場合は、自サイトのサイト内検索を行うとブラウザのURLに表示されます。

この検索クエリー文字を調べる事が出来たらあとは、Googleアナリティクスの設定を行うだけです。

Googleアナリティクスでサイト内検索を有効化する

デフォルトの状態だと、サイト内検索数などを簡単に調べる事が出来ませんが、サイト内検索を有効化しておけばそれらを確認する事が簡単になります。

Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスでサイト内検索を有効化する方法

Googleアナリティクスの”アナリティクス設定”をクリックして上記画面を表示させます。

そして、ビューの部分のビュー設定をクリックして進みます。

ビュー設定

Googleアナリティクスのサイト内検索を有効化する設定

ビュー設定の部分で、設定していきます。

  1. ビュー設定を開く。
  2. サイト内検索の設定部分で、サイト内検索のトラッキングを”オン”状態にする
  3. クエリパラメータの部分で、先程調べた自サイトの検索クエリー文字を入力する。
    例として、ワードプレスサイトの場合は”s”を入力
  4. 保存をクリックして完了。

まとめ

Googleアナリティクスをデフォルトの状態で使っていたら、サイト内検索の項目は有効化されていない状態です。

そこで、自サイト内検索を有効化する設定が必要ですが、自サイト内検索クエリー文字を見つける事が出来たら簡単に設定する事が出来ます。

自サイト内検索をしているユーザーは、自サイトで何かを見つけようと行動を起こしているユーザーと言えるので、例えばECサイトなどの場合ならその検索キーワードを拾い上げる事によりユーザーが何を自サイトに求めているのかを把握する上で役に立つでしょう。

そして、ユーザーが求めている商品を用意する事で機会損失を少なくする事に繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする