Search Consoleのブロックされたリソースで見知らぬJSファイルが表示された!

サーチコンソールでリソースをブロック

Google Search Consoleで運営しているWebサイトの登録状況などを確認すると思いますが、その中でブロックされたリソースという項目があります。

そのブロックされたリソースに表示されているのが、見知らぬ外部のhttp://static.doubleclick.net/instream/ad_status.jsファイルでそのまま放置しているとインデックス登録に悪影響を及ぼす恐れがあると言う事で対処してみました。

スポンサーリンク

Google Search Consoleのブロックされたリソース

Search Consoleのブロックされたリソース

突然そのブロックされたリソースに表示されました。(別の運営サイトです。)

ブロックされているのは、”http://static.doubleclick.net/instream/ad_status.js”の外部へのjsファイル。

サイトにこのような外部のjsファイルを読み込むような設定をした覚えも無く、また、ここ最近になって検出されたらしく不安になってきました。

Fetch as Googleで確認

fetch as Googleで確認

まずは、本当にこのページが該当するjsファイルを読み込もうとしているのかを確認する為に、Fetch as Googleを使用してみます。

Fetch as Googleでリソースを確認

Fetch as Googleでリソースを確認してみると確かに読み込まれています。

この警告が表示されているページは、別で運営しているサイトのページの中でも1・2を争うアクセス数の多いページです。

もし、検索順位が下がろうものなら一気にサイトのPV数が減少してしまいます。

対処した方法

Word Pressでサイト運営しているとYoutube動画を埋め込みたい場合があります。

商品の説明をしたり、使い方など色々と活用の場があります。

そのようなYoutubeの動画をサイトに埋め込んだ場合に、”http://static.doubleclick.net/instream/ad_status.js”が検出されます

Word PressにYou tube動画を埋め込んだ場合に、必ず検出される訳では無く、検出されない時もあるので不思議ですがサイトをクロールして検索順位に影響を与えるGooglebotの動きをブロックしているので、少なからず何か影響する可能性があるので動画の埋め込みを止めてYoutube動画へのリンクに変更してみました。

動画の埋め込みを止めてリンクにした結果

ブロックされたリソースへの対処

再度、Fetch as Googleを実行して、リソースを確認してみると見事に”http://static.doubleclick.net/instream/ad_status.js”の表示が消えました。

これで、間違いなくYoutube動画の埋め込みが原因でjsの外部ファイルを読み込むようになっていた事になります。

まとめ

今回、Google Search Consoleのブロックされたリソースに意図しない外部jsファイルが表示されていたので対処してみました。

原因は、Word Pressで構築したサイト内のページでYoutube動画を埋め込んでいた事になります。

”http://static.doubleclick.net/instream/ad_status.js”が、どのような影響を与えているのか判りませんがサイトのインデックス状態に影響を与える可能性があるかもしれません。

そういえば、YoutubeってGoogleが運営しているサイトじゃ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする