непереводимая.рфは、検索キーワードスパムだった!

rusia_re1

こんにちは、B-Kです。

先日の記事に、непереводимая.рфからのアクセスがリファラとしてGoogleアナリティクスに記録されていたので、注視していました。

そうしたら、今度はリファラの記録ではなく、オーガニック検索の方にこのキーワードが現れたました。

そこで、непереводимая.рфのキーワード検索に対する対処を行いました。

参考記事:непереводимая.рф ロシアからの来訪者。リファラスパムなのか?

スポンサーリンク

непереводимая.рфのキーワード検索文字

непереводимая.рфの検索文字列

2015年6月5日から注視していましたら、リファラの記録からではなく今度は、検索キーワードの文字列として現れだしました。

ちなみに、この記録は別の運営サイトなので”непереводимая.рф”の文字自体もサイト内には書いていないので、このキーワードで検索されてくる事自体ないはずです。

そこで、このキーワードでのアクセス者の情報を調べて見ました。

ホスト名

непереводимая.рфのホスト名

この”непереводимая.рф“キーワードのホスト名をGoogleアナリティクスで表示させてみると、google.frと表示されます。

ちなみにホスト名は、”ユーザーがお客様のサイトにアクセスするさいに利用したホスト名”となっており、フランスのGoogle検索からのアクセスとして記録されています。

непереводимая.рфはロシア

次にどこの国からのアクセス記録なのかを見てみました。

まあ、見なくてもわかっていましたが、”ロシア”です。

そう、リファラスパムでも有名な”ロシア”からのアクセス記録になっています。

ネットワークドメイン名

keyword_spam4

ネットワークドメイン名を調べてみると、”ertelecom.ru”のネットワークを使ってアクセスしてきている事になります。

“ertelecom.ru”は、ロシアのプロバイダーみたいです。

このプロバイダーに通報してもいいのでしょうが、面倒なのでフィルターから除外する方法を選択します。

непереводимая.рфをフィルターでキーワード除外する

непереводимая.рфをフィルター除外

いつもの通り、Googleアナリティクスのフィルター機能を使ってビューデータから除外していきます。

今回は、全ての情報がセットされているのであえて、キーワードによる除外を実施しました。

  1. フィルタの種類は、”カスタム”を選択。
  2. 除外を選択後、フィルターフィールドで”キャンペーンのキーワード”を選択。
  3. フィルターパターンに、”непереводимая.рф”をセット。
  4. 最後に保存。

で、キーワード検索の記録からフィルターを使って”непереводимая.рф”を除外します。

キーワード検索からの除外設定後

непереводимая.рфをキーワードから除外後

2015年6月7日に対処してから、もちろんキーワード検索の記録からは除外されています。

これで、余計なキーワード検索記録が無くなりました。

てっとり早く、ロシアからのアクセス自体を除外する方法

ロシアからのアクセス記録はリファラスパムも多いので、ロシアからの記録自体を除外する方法もあります。

フィルタフィールドで”国”を選択して、フィルターパターンで”Russia”をセットすると、ロシアからのアクセス記録は除外されます。

ロシアからのアクセス記録は必要ない人にとっては、この方法が色々な意味でいいかもしれません。

まとめ

前回の記事から、注視してきた”непереводимая.рф”からのアクセス。

実際何がしたいのかと思ったら、キーワード検索の記録に”непереводимая.рф”を表示させる事が目的みたいでした。

まずは、リファラに記録を残し、その後、検索キーワードへ記録を残す2段階の迷惑行為です。

このサイトで”непереводимая.рф”の記事を書いているために、Googleアナリティクス上のフィルタでキーワード検索の除外方法は使えないので、ロシアからのアクセスを除外する方法をとってみたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする