Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの使い方

GoogleアナリティクスでURLとページタイトルを同時に表示して見やすくする方法!

Googleアナリティクスで自分のサイト内のどのページが多く見られているかを表示させると、まずURLが表示されます。このURLがサイトによっては数字だけだったりして、判りにくい場合はページURLとページタイトルを同時に表示させて表を見やすくする事が出来ます。そのページを見やすくする方法です。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスを導入したら真っ先に設定しておきたい事!

WEBサイトを立ち上げたら、アクセス解析を導入する管理者が殆どだと思います。その中でもGoogleアナリティクスを導入されている場合が、かなりの数を占めるのではないでしょうか。そのGoogleアナリティクスを狙ったスパム行為も多く存在します。導入後真っ先に設定しておきたい事を紹介します。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスでnot providedが表示される原因と対策!

Googleアナリティクスのオーガニック検索(検索エンジン経由)でどのようなキーワードであなたのWebサイトにユーザーが訪れたのかを知る事が出来ます。しかし、そのキーワードの欄で「not provided」が表示されている場合が多いのも事実です。その「not provided」の意味とそれの対策を解説します。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスのメモ機能を利用してアクセス解析の判断材料に使う

日々のサイトへの記録やアクセス増減に影響を与えたサイトへの変更記録など、あなたがWEBサイトを運営する上で役立つ方法を紹介します。 特別なソフトが必要なのでは無く、Googleアナリティクスに組み込まれている機能の一つで、Googleアナリティクス上で出来るメモ作成の仕方です。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスに自分のアクセスを記録させないようにする方法!

Googleアナリティクスをアクセス解析に導入しているあなたにオススメのGoogleアナリティクスに自分のアクセス情報を記録させないブラウザに組み込むツール(Google Analytics オプトアウト アドオン) を紹介します。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスのリアルタイム項目の意味を解説

今回は、Googleアナリティクスのリアルタイムの分類にあるサマリー・地域・トラフィック・コンテンツ・イベント・コンバージョン項目の意味を画像付きで解説します。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスで使われる言葉・用語の意味

初めてアクセス解析をするあなたにとっては馴染みのない言葉かもしれません。絶対にこれだけは知らないと困るGoogleアナリティクスで使われる言葉・用語の意味(セッション数、ユーザー数、ページビュー数、ページ/セッション、平均セッション時間、直帰率、新規セッション率)を解説します。
Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスのコードをサイトに埋め込んでみよう!~WordPress編

Googleアナリティクスのトラッキングコードをあなたのワードプレスで作成したサイトに埋め込み方法を解説します。もし、Googleアナリティクスの設定を行っていない方は下の記事を見て設定しておいて下さい。
Googleアナリティクスの使い方

アクセス解析の第一歩、無料で使えるGoogleアナリティクスの設定をしよう!

ホームページやブログサイトを開設したら、どれ位自分のサイトにアクセスがあるのか知りたいと思います。どんなキーワード、どこから来たのかなど色々知りたい情報もあるでしょう。そんなあなたに無料で使え、また、色々なデータ分析が出来るGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)の設定方法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました