GoogleタグマネージャでGoogleアナリティクスのタグを管理する方法!

Googleタグマネージャのアカウント取得方法Googleタグマネージャで管理するタグで真っ先に思いつくのが、Googleアナリティクスのタグでしょう。

Googleタグマネージャで管理する事により、Googleアナリティクスがもっと便利に、そして、簡単にアクセス解析をする事が出来るようになります。

もし、アカウントを取得されていない場合は下記記事を参考にアカウントの取得をして下さい。

[sankoukizi] Googleタグマネージャのアカウント取得・コンテナ作成方法!

Googleタグマネージャを活用するための第一歩として、Googleアナリティクスのタグを設定して管理する方法です。

スポンサーリンク

タグにGoogleアナリティクスを追加する

GoogleタグマネージャでGoogleアナリティクスを管理する

Googleタグマネージャにログイン後、該当するコンテナにアクセスします。

上記画像は、タグを設定していない状態です。

新しいタグを追加

GoogleタグマネージャにGoogleアナリティクスを管理する

新しいタグを追加”をクリックします。

プロダクトを選択

タグマネージャにタグを追加

プロダクトを選択で、①のGoogleアナリティクスをクリックします。

タグの種類を選択

タグマネージャでGoogleアナリティクスのタグを追加

タグの種類を選択で”ユニバーサル アナリティクス”をクリックして進みます。

もし、現在ユニバーサル アナリティクスを利用していない場合は、”従来のGoogleアナリティクス”を選択して下さい。

”従来のGoogleアナリティクス”を利用されている方は、そろそろ”従来のGoogleアナリティクス”が使えなくなるので、この再、ユニバーサルアナリティクスへ移行される事をオススメします。

タグを設定

タグマネージャでGoogleアナリティクスを設定する

タグを設定の部分の①のトラッキングIDの部分にGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。UA-から始まるトラッキングIDです。

そして、②のトラッキングタイプで”ページビュー”を選択します。

③の続行ボタンをクリックして進みます。

配信するタイミング

タグマネージャでGoogleアナリティクスを管理する

配信するタイミングで、①のすべてのページ”をクリックして、②のタグを作成ボタン”をクリックします。

タグ名の変更

タグマネージャでGoogleアナリティクスを管理する

タグ名の変更フォームが表示されます。

タグ名の部分にあなたがわかりやすい名前を記入します。

デフォルトでユニバーサルアナリティクスが記入されていますが、変更せずにこのまま②の保存をクリックしても構いません。

あくまで、今後タグを追加していった場合にわかりやすい名前にしておけばいいです。

これで、GoogleアナリティクスのタグをGoogleタグマネージャに追加出来ました。

タグの公開設定

タグマネージャでタグ設定をして公開

タグを追加しただけでは、まだ、Googleタグマネージャに追加したGoogleアナリティクスのタグは機能しません。

画像の右上の赤色の”公開ボタン”をクリックして公開状態にしないと測定は開始されません

いきなり公開ボタンを押して測定するのでは無く、プレビューモードできちんとタグが測定されているか確認をした方がいいです。

プレビュー状態

タグマネージャのプレビュー状態

プレビューボタンをクリックすると、上記画像のようなプレビュー中の文字が表示されます。

この状態で、ブラウザでサイトにアクセスするとGoogleタグマネージャのタグが正しく設定されているかの確認が出来ます。

また、タグを埋め込む事でサイトのレイアウトが崩れていないかの確認が出来ます。

プレビューモードでサイトを確認

プレビューモードでタグの状態を確認

Googleタグマネージャのタグを設定したサイトにアクセスしてみると上記画像のような状態になります。

左下の方に、Tags Fired ON This Pageでページビュータグ(Universal Analytics)の表示があればGoogleタグマネージャのタグはきちんと埋め込まれているのが確認出来ます。

また、レイアウトの崩れなどが無いかもこの時確認しておきましょう。

他のページにもアクセスしてみて、上記内容が表示されればタグの埋め込みは大丈夫です。

プレビューモードを終了

Googleタグマネージャのプレビュー

サイトのレイアウトやタグの設置に問題が無ければ、プレビューモードを終了させます。

上記画像の”プレビューモードを終了”をクリックして終了させます。

その後、”公開”ボタンをクリックして測定を開始します。

タグを公開する前に、GoogleアナリティクスのトラッキングコードをサイトHTML部分から削除しておきましょう。

それを忘れてしまうと、2重に測定をしてしまうので必ず以前埋め込んでいたGoogleアナリティクスのトラッキングコードは削除するようにしましょう。

まとめ

Googleタグマネージャを利用する目的の一つに、Googleアナリティクスのタグを管理する事があります。

Googleタグマネージャのタグをサイトに埋め込んでおけば、あえてGoogleアナリティクスのコードをサイトに埋め込む必要もなくなります。

タグマネージャのトリガなどを使って、Googleアナリティクスのイベントを捕捉する事が簡単に出来るようになるので、Googleタグマネージャでタグを管理する価値は十分にあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする